広告をシンプルに: 2023年、メディアの無駄をなくす3つの方法

今年も迎えた新年ですが、いかがお過ごしでしょうか?決意表明と前向きな見通し。個人にとっても、そして企業にとっても、新年は新たなスタートを切る機会です。しかし、ビジネスの決意表明はどのようなものでしょうか?

プロセスの合理化、予算の最適化、そしてもちろん、消費者とのより有意義なつながりを作る機会も十分にあります。2023年に大きな変化を遂げようとするのであれば、無駄の無いメディア・ポリシーに取り組むことを検討してみてください。広告インプレッションの量よりも質に重点を置くことで、1月の決心ブームに皆が見切りをつけた頃よりもずっと前から、組織を成功に導くことができるのです。

Media Waste 101

ビジネスの世界では、無駄はお金を浪費することと同じです。そのため、企業は何百万ドルもかけてサプライチェーンを最適化し、余分な在庫を減らし、スペースを余すところなく活用します。

しかし、メディアの無駄はどうでしょうか?

企業は、マーケティングで発生する無駄を見過ごしがちです。消費者とつながり、十分な投資対効果を得るには、魅力的な広告キャンペーンを作成して世に送り出せば十分だという考えがあります。しかし、そうではありません。

実は、多くの広告インプレッションは消費者の目に触れることがなく、ほとんどのデジタル予算が非効率的に使われているのです。

消費者がモバイル広告をどのように見て、どのように関わるかをより深く理解することで、広告主はメディアの無駄遣いがキャンペーンに与える影響をよりよく理解することができます。広告主は、今こそ一歩踏み込んで、メディア廃棄ゼロのポリシーにコミットする時です。

2023年、無駄の無いメディアポリシーを採用することの重要性

今こそ、無駄の無いメディアポリシーに取り組むべき時です。マーケティング予算が厳しくなる中、広告主は賢くお金を使い、コンテンツの量よりも広告キャンペーンの質に重点を置くことが重要です。

デジタルマーケティングは今後も続くが、広告主がコンテンツを宣伝・配信する方法は変化する必要がある、ということだ。

他のメディア企業がどのようにパラダイムシフトを進めているか、すでに見ることができます。例えば、Netflixは、オリジナルコンテンツを大幅に削減しています。ウォール・ストリート・ジャーナルによると、このストリーミング大手は、新規タイトルを減らし、質の高い作品に重点を置くことを検討している。これは、リーチよりもリターンの大きい番組を優先するシフトである。

私たちはこれまで、コンテンツの乱発に走り、消費者の広告クリエイティブ疲れや、組織の無駄な広告費につながってきました。今、メディア企業や広告主は、量よりも質の高いコンテンツに焦点を当てるため、手を引いています。

広告疲れを乗り越える

消費者がかつてないほど多くの広告クリエイティブに晒されていることは周知の事実です。調査によると、平均的な人は1日に約10,000の広告を見るそうです。これは、10年前の2倍以上の量です。

10,000

一般的なユーザーが1日に目にする広告の数

実際、消費者は1日に何度も広告を目にするため、広告を聞き流すプロになっています。多くの消費者は、ソーシャルメディアに掲載された広告を無意識にスワイプし、スクロールしています。また、広告ブロッカーを使って、広告の邪魔をしないようにする人もいます。

多くの広告主は、広告疲労に対抗するために、クリエイティブでターゲットを絞った派手なポップアップやバナーに多くの資金を注ぎ込んでいます。この破壊的なマーケティング戦略は、しばしば逆効果です。多くの人は、これらの広告に驚かされるどころか、押しつけがましく、邪魔で、不愉快だと感じています。Zippiaが収集した調査によると、米国の消費者の推定90%がターゲット広告を押し付けがましく、煩わしいと感じています。

消費者が最も望んでいないのは、押し付けがましく、邪魔な広告であることは明らかです。むしろ、魅力的なクリエイティブを、文脈に関連した環境で、喜んで受け取ることを望んでいるのです。

広告疲れの全容にすいては Forbes社は:

“受け取る準備の出来た心にさえ響かない広告とは。
準備した更地に家を建てないのと同じ”

広告の疲労を軽減することと、メディアの無駄をなくすことは密接な関係にあります。丁寧でありながら魅力的な広告をプレミアムな環境に配置すれば、消費者をイライラさせることなく、広告費を最大化し、ブランドの認知度を高めることができます。

2023年、広告の無駄を削減する3つの方法

無駄を削減し、しっかりと届く広告を作りたいあなたに。less is moreのアプローチでモバイル広告費を最大化する3つの方法をご紹介します。

1. 良質な広告を、良質な環境に

インプレッションの無駄遣いをなくす最善の方法の1つは、高品質のコンテンツを、ブランドに関連する魅力的な環境に配置することです。

多くのマーケターは、ソーシャルメディアがデジタルマーケティングに最適なプラットフォームだと考えています。ソーシャルメディアは1日に何百万人もの人が利用するサイトなので、広告にもっと多くの人が注目し、エンゲージメントを得られると思うかもしれません。

しかしSNSの多くは、コンテンツで溢れかえっている状態になっています。最近の調査では、74%のユーザーがソーシャルメディアに広告が多すぎると考えていることがわかりました。さらに興味深いことに、63%のユーザーが、これらのチャンネルで広告されるものはほんの少しで、何度も何度も見ていると答えており、これが広告疲れにつながる可能性があります。

ユーザーは、売り込まれるためにソーシャルメディアに行くわけではありません。調査によると、ソーシャルメディアユーザーは、人とのつながりを築き、他人と交流し、楽しませるためにこのプラットフォームを利用していることが何度も明らかになっています。そして、ほとんどの場合、広告がこのようなサイトでの体験を邪魔していることに気づきます。

プレースメントに多くの予算をシフトすることを検討してください。なぜでしょうか?一つは、消費者はソーシャルメディアを無心にスクロールしたりスワイプしたりするときよりも、記事を読むときの方がスクロール速度が遅く、意図的である傾向があることです。実際、あるプラットフォーム管理の専門家によると、平均的なソーシャルメディアユーザーは、毎日エンパイアステートビルの高さをスクロールし、各ソーシャルメディア広告に平均1.7秒しか費やしていないそうです。これに対し、人気のあるパブリッシャーのウェブサイトに掲載された広告の閲覧時間は9秒でした。

もちろん、すべてのWebサイトが同じように作られているわけではありません。プレミアムなサイトや在庫にフォーカスして、メディアプランをキュレーションすることが重要です。消費者は、評判の悪いサイトに掲載された小さなバナーや迷惑なポップアップよりも、New York Timesの丁寧なフルスクリーン広告に興味を持つ可能性が高いのです。

モバイル広告をどこに掲載するかは、無駄な媒体費を避けるためにできる最も重要なステップかもしれません。

2. 美しいキャンバスをとことん活かせ

広告疲労と並んで、広告主が直面しているもう一つの問題が、広告ブラインドネスです。消費者は広告を無視するのが上手になり、それが当たり前のようになっているのです。「バナーブラインドネス」は、ウェブユーザーが意識的または無意識的にバナー広告を無視することを示す、よく知られた現象である。

Forbesの説明曰くこの広告盲点は「ユーザーが広告を見ないという意味だけでなく、広告に表示されている内容がユーザーに伝わらないかもしれないという意味もある」のです。

消費者の注目を集めるための最良の方法とは?より大きく、より良い広告フォーマットに投資することです。フルスクリーン広告は見逃せませんし、より大きなキャンバスで美しくインタラクティブなクリエイティブを表示し、興味を持ってもらうことができます。

広告出稿のメディアや文脈も重要ですが、人々を魅了し、注意を引くのは、クリエイティブの質です。フルスクリーン広告は、より興味深く、インタラクティブな要素が詰まっていることもあります。インタラクティブなビデオ広告 から ゲーム型広告 まで、キャンペーンを成功させるために、消費者が興味を持つようなモバイル広告を作成することができます。

SCAN TO VIEW AD IN ACTION

3. 透明性の高い報告とアテンションに基づく測定へシフトせよ

インプレッションやビューアビリティは、もはや限界にきています。広告が表示されたからといって、そのコンテンツが消費者に見られ、吸収されるとは限りません。

真の無駄のないメディアポリシーは、マーケターがリーチを超えて、A)広告がどこに掲載されているか、B)消費者の注意を引いているかどうかを正確に追跡し始めることを必要とします。現在は 業界全体のトレンドとして、 閲覧数ではなく、閲覧時間を測るアテンションを、広告の効果指標に定めております。

"もはや閲覧されるだけでは、広告は効果的とは言えない時代になりました。広告の中身をちゃんと見てもらえてる事が、ますます重要になっています。"

最先端のトラッキング技術を駆使し ブランドキャンペーンにおけるアテンションの測定 項目には、表示時間、露出時間、画面占有率などの要素が含まれます。これらの要素は、ユーザーが広告を消化するために費やす時間を予測するのに役立ちます。広告主は、これらのレポート指標を使用してパフォーマンスを追跡し、クリエイティブやメディア配置の変更に反映させて、モバイルキャンペーンを最適化することができます。

適切な測定と報告を行うことで、広告主は、しばしば無駄になるインプレッションではなく、アテンションに基づいてメディアを購入するようにすることも可能です。メディアの無駄をなくすためのあらゆる方法の中で、成果ベースの購入は、まさに無駄のないポリシーの聖杯と言えるでしょう。

あなたも無駄のない広告ポリシーを!

無駄無きメディアの未来は、遠い未来の話ではなく、今日すでにここにあるのです。モブコイでは、広告主が広告の掲載場所とそのパフォーマンスを正確に把握し、モバイルメディア予算を一貫して最適化できるよう、常にサポートしています。

私たちのモバイルソリューションのスイートは、あなたの最先端のクリエイティブが、見逃せないフォーマットでプレミアムウェブサイトに掲載されることを保証します。このように、クリエイティブ、プレースメント、パフォーマンストラッキングの三位一体で、メディアの無駄を省きます。

メディアの無駄を省くのに早すぎるということはありませんし、遅すぎるということもありません。

MOBKOIと共に、無駄の無い広告ポリシーの構築を!