モバイル広告をマスターせよ:ARを活用する3つの方法

皆様、拡張現実(AR)をご存知でしょうか?
没入感のある複合現実体験を実現する機能は、数十年前から存在していますが、通常はゲームの文脈で使用されています。

しかし、ARを広告に活用するのはどうでしょうか。

昨今の技術を駆使すれば、広告主は拡張現実の力を利用して、顧客に独創的なモバイル広告体験を提供することができます。そしてその結果、ブランドへのエンゲージメントと顧客ロイヤリティを高めることができるのです。

もちろん、AR広告の活用は言うは易く、行うは難しです。ARと広告の関係、そしてあなたのチームを刺激する実用的な広告の例について、もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

ARへのいざない

拡張現実(Augmented Reality)は、没入感のある体験を実現するための技術です。

Investopediaには ARについて、より鮮明な定義がなされていますが, 簡潔にまとめますと 「デジタル映像要素、音、その他の感覚的な刺激の使用によって実現され、テクノロジーを介して配信される、現実の物理的世界の拡張版」という事になります。

本来、拡張現実は、既存の世界に仮想の要素を加えるものです。これにより、ユニークな複合現実体験が実現します。

現実とバーチャルの融合は、ゲームやエンターテインメント業界では何十年も前から行われてきたことですが、ARをマーケティングに活用することが、ブランドや広告主にとって現実的なものとなったのは、ごく最近のことです。

拡張現実とマーケティング

今日、携帯電話やスマホなどといったモバイルデバイスを持たない人間は限りなく少なくなっています。 携帯電話の使用率の比較的上昇に伴い過去にない程に、人はどこからでも購買活動を行えるようになりました。

画面を数回タップするだけで、今週の食料品から服まで、購入することができます。 オンラインショッピングは昔から便利でしたが、OuterBox社の調査によると、インターネットショッピングの半分以上がモバイルデバイスから だそうです。

スマートフォンからウェブにアクセスする消費者が増えるとともに、その意図も変化しています。多くの消費者は、買い物をするという明快な目的意識の元、携帯電話を手にしているのです。スマートフォンユーザーの79%が、過去6ヶ月間にモバイルデバイスを使用してオンラインで購入したことがあるのです。

0 %
of smartphone users have made a purchase online using their mobile device in the last 6 months

モバイルコマースの普及に伴い、いかにして自宅のユーザーにショッピング体験を提供するかが注目されています。ARフォーマットはまさにそれを可能にします。すぐにおわかりいただけると思いますが、ブランドはAR(拡張現実)体験を作ることで、商品やサービスを宣伝し、斬新な方法で消費者を引きつけることができます。

拡張現実(AR)対  仮想現実(VR)

拡張現実と並んで、仮想現実(VR)もあります。多くの人がVRとARを混同してますが、ユーザー体験とマーケティングキャンペーンの両方に影響する重要な違いがいくつかあります。

Tulane大学が発表した論文によりますと、ARとVRの違いは 

  • 拡張現実は現実世界の設定を使用しますが、VRは完全に仮想です(つまり、それを利用するためにVRヘッドセットのような、より敷居の高いデバイスを必要とします)。
  • AR広告の消費者は現実世界での自分の存在をコントロールできるのに対し、VR広告では自らがコントロールされる対象になる
  • AR広告はスマートフォンでアクセス可能、VRは通常ヘッドセット型デバイスが必要
  • 拡張現実は複合現実体験のに対し、VRは完全な仮想体験

AR広告とVR広告はどちらも存在しますが、今のところ広告主の間では前者の方が人気があります。消費者がアクセスしやすく、リアルとバーチャルの要素が混在しているAR広告キャンペーンは、モバイルでは欠かせないものとなっています。

あなたの広告キャンペーンに
どのようにAR広告を活用すべきか

AR広告プラットフォームがあなたのブランドにふさわしいかどうか、まだ確信が持てませんかか?

こう論じているのは我々だけではありません。 eMarketer 社曰く モバイルARはトップトレンドになる見込みで、新年のショッピングシーズンに向け、広告主が外出中の消費者をターゲットにしています。モバイルARへの投資は、ブランドの将来を見据えた素晴らしい広告戦略となります。

2023年において、拡張現実があなたの次なる広告キャンペーンに役立つその他の方法をいくつか紹介します。

オンラインショッピング体験の向上

オンラインショッピングの最大の難点は、製品に触れることができないことです。写真や動画は消費者の関心を引くには最適かもしれませんが、実際に商品を見ることにはかないません。

この問題を解決するのが、AR広告です。複合現実体験を通じて消費者が商品と触れ合うことで、消費者は購入に自信を持ち、ブランドとのつながりをより強く感じることができます。

Nielson IQのレポートによると 56%の買い物客が、AR体験を通じて商品の品質に自信が持てるようになったと回答し、61%がAR体験を提供する小売店での買い物を好むと回答しました。

言うまでもなく、ARはブランドに対する顧客体験を向上させ、さらに売上にも寄与するポテンシャルを有します。

0 %
of consumers prefer to shop with retailers that offer AR experiences

消費者の注目を集める

AR広告は、購買行動の早い段階で消費者の注意を引くことが何度も証明されています。

Adweek社の報告書によると、複数の研究を比較した結果「ARを利用する消費者は、広告フォーマットにはるかに長く関わり、より深く、より没入した体験をしている 」との事で、80%のユーザーがARを活用した広告に2秒以上滞在していることがわかったそうです。一方、他の広告フォーマットで2秒以上係わった人は、調査対象者の10%未満でした。

また、AR広告に接した消費者のブランド想起は、他のフォーマットと比較して1.3倍高くなりました。

「ARを利用する消費者は、広告フォーマットにはるかに長く関わり、より深く、より没入した体験をしている 」

消費者の注目時間が年々減少傾向にある中で  より消費者の気を引く広告体験を目指す広告主にとって、ARは非常に効果的な手段です。

一方で、AR体験はユーザーが自らエンゲージメントをしなければならないものであることを念頭に置いておく必要があります。AR広告に没入する消費者は、単に広告を見るだけでなく、積極的に広告に関与しています。その上で適格なビューを獲得していることが常にわかります。

体験をよりカスタマイズする

AR広告は、マーケティング戦略を制限するものではありません。バーチャルアセットを作りたい場合、消費者に響くようなブランド要素やオーダーメイドの要素を追加することができます。

AR広告の例では、詳細情報を表示するホットスポット、カラーセレクター、さらには同じ商品の2つのバリエーションをプレビューするスライダー(ハンドバッグの2つの色等)など、多くの要素が含まれています。

ARは、ブランドにとって、消費者が実際に商品を購入するのと同じような体験を提供することができるようになります。360°ビューからバーチャル試着や比較まで、AR広告はマーケティングキャンペーンを新たな高みへと導くことができます。

あっと驚く、3つのAR広告手法

さて、お待ちかねのAR広告の実例です。

これら3つのAR広告の例は、ブランドがARモバイル広告をどのように利用できるかのほんの一例です。ご覧のように、どれもAR技術を利用していますが、その方法はさまざまです。

Model Viewer形式


買い手を後悔させてしまうリスクは多岐に渡ります。お客さまに不快な思いをさせるだけでなく、あなたのブランドに対する気持ちを見直すことにも繋がりかねません。

近年の調査では 、米国人の74%がオンラインで商品を購入した後「後悔した経験がある」と回答しています。その理由として最も多かったのが、「購入した商品が予想以上に粗悪だった」と感じたことでした。

オンラインショッピングでは、消費者が商品の品質を正確に判断することは難しいかもしれません。写真や動画ではわからな細かい部分を確認できる店頭でのショッピング体験を、ARは再現できます。

モデルビューワー広告は、真の没入型AR体験ではありませんが、AR資産と技術を活用し、消費者がモバイルデバイスから商品に触れることができるようにします。消費者は、360度見渡しながら3Dで製品を体験し、理解することができます。

小売業者は、この入門的なAR広告から特に利益を得ることができます。靴や衣類から家具や車まで、モデルビューによって、消費者は購入する前に製品に触れることができます。

SCAN TO VIEW
AD IN ACTION

Superimpose形式

モデルビューワーの一歩上を行くのが、消費者が今いる空間に商品を映し出す「Superimpose」と呼ばれる機能です。モデルビューワーでは360度見渡せるのに対し、スーパーインポーズ形式は、消費者は自分の空間でその商品を体験することができます。

色違いのハンドバッグを机の上に置いたときのサイズ感や、ソファやテーブルをリビングに置いたときのイメージを確認したい消費者に最適です。実物大のバーチャル製品を現実の環境に重ね合わせることで、ユーザーはその製品が自分の美的感覚にマッチするかどうかをよりよく知ることができます。

このようなAR広告は、すでに消費者の間で人気があります。Retail Perceptionsの最近の調査によると、ARユーザーの77%が、色やスタイルの違いなど、商品の違いを確認するためにこのフォーマットを使用すると回答しています。他のフォーマットよりも、ARは間近で、異なる角度で、自分のスペースでこれを行うことができます。

SCAN TO VIEW
AD IN ACTION

Virtual Try On

最後に、ARによってブランドがバーチャルな試着を提供できることを忘れてはならない。これは、おそらく最も複雑なAR広告の一種であるが、小売ブランドにとって最も有益なものでもある。

バーチャル試着は、消費者にとって楽しい体験であり、(携帯電話の前面カメラを使って)自分の体の上で製品を見ることができます。これは、メガネ、帽子、ジュエリー、そしてメイクアップなどの製品に最適です。

このようなモバイルARは、ユーザーが自分のスペースだけでなく、自分の体にその商品が似合うかどうかを確認するのに役立ちます。なぜなら、ディスプレイでは素敵に見えるのに、自分で着ると精彩を欠く製品を購入することほど、イライラすることはないからです。

バーチャル試着は、消費者が購入に自信を持ち、ブランドが返品などの問題を解決するのにも役立ちます。Bloombergは最近、ARを使って仮想的に商品を試した消費者は、購入した商品を返送する可能性が低いという研究結果を報告しました。これは、消費者が返品する際のイライラを解消し、ブランドの収益にも貢献することになります。

"ARを使って商品をバーチャルで試した上で購入する消費者は、商品を返品する可能性が低い"

MOBKOIと共に、モバイルAR広告を使いこなしましょう

モバイルAR広告を使いこなすには、相応な知識、経験を持つパートナーを見つける事が第一歩になります。

AR技術に関する専門知識と経験を持つだけでなく、クリエイティブな資産をオープンウェブで提供できる魅力的なAR広告フォーマットの引き出しを多く持つ会社と提携することが重要です。

MOBKOIは、ブランドが成果を上げる最適なAR広告体験を実現できるよう、長年にわたってARの提供に磨きをかけてきました。消費者が2D環境で3Dモデルを探索できるソリューションを提供しており、広告体験をブランドに合わせてカスタマイズすることも、カメラを起動して独自の設定で表示することも可能です。

AR広告では、消費者は実寸大の製品を体験し、すでに所有しているかのように体感することができます。それが、自分が日々過ごす空間の中でどのように映えるかを確認する事も、仮想的に試着すること可能とするのが、AR広告です。

トレンドを先取りして、キャンペーンの一環としてAR広告を活用しましょう。 MOBKOIのAR広告オプションをより駆使したい方は、是非お問い合わせください